墨壺 ⑽ 筏流し

お正月が過ぎると、本格的に木材の切り出しが始まりました。「お父さん!この大きな木材はどの様にして運び出すの?」「お母さん!これから、この木材は、雪解け水を利用して、止利仏師が生まれた小鳥川から宮川、神通川を筏を組んで流すんだよ。令和の時代は、神通川には沢山のダムが出来て、筏を組んで流すことは出来ないけどね。道路、鉄道が整備されるまでは、この川が多くの物を運ぶ運搬手段だったのさ」「お父さん!どんな風に材木が筏を組んで流されるか?早く見たいわ!」「この筏を組んで流すことを筏流しと言うんだよ。この筏流しは大変危険を伴うので、筏師という専門の人がその作業を行うのさ」「お父さん!凄いことね」

「お母さん!ダムが出来る前までは、この小鳥川や宮川まで、鮭が上って来たんだよ」「令和の時代では考えられないことね。こんな山奥で海の魚をいただけるなんて、なんか不思議ね!」

「お母さん!飛騨は高山市一ノ宮町にある位山が、太平洋側と日本海側へ流れる分水嶺なのさ。太平洋へは飛騨川から木曽川へ、日本海へは宮川から神通川とそれぞれの川を流れて、木材は運ばれていったのさ」「お父さん!分水嶺いって、何か人生の分かれ道みたいね」「そうだね。太平洋の色は青色が少し薄いけれど、日本海の色は青色が濃いからね。太平洋に流れるか?日本海に流れるか?お母さんはどちらに流れて行きたい?」「私は両方の海を見たいわ!太平洋はアメリカまで続いているのでしょう」「お母さんは欲張りだなぁ」

こんな話をしている内に、筏流しが始まりました。

「清助。さあ!筏流しが始まるぞ。俺たちが伐採した材木を、筏に組んで流されるんだ。筏師の人が来たぞ。挨拶しな」「お頭の息子の清助と言いやすい。どうぞ宜しくお願いしやすい」と頭を下げました。

「棟梁!良い息子さんをお持ちですね」「お父さん!清助さんが褒められて、顔を真っ赤にしているわ」

「おい!清助。筏師の頭、源助さんにお願いしたから、この小鳥川を下り、角川の宮川との合流地点まで筏流しを経験させてもらえ。よいか!筏流しは大変危険だ!よく源助さんの指示に従い、決して邪魔をしない様にしろよ。よいな」

「お母さん!棟梁にお願いしたから、私達も清助さんと一緒に筏流しを経験しよう」「わぁ!嬉しいな」「令和の時代に天竜川下りをして以来よ」「お母さん!あの時の川下りとは全く違うよ。恐ろしいから覚悟しておいてね」「お父さん!余り脅さないでね:

「お母さん!この筏わね。小鳥川の水量が少ないから筏を組む数は少ないけれど、宮川入ると又筏を組み直し、又神通川に入ると、又もつと大きな筏に組み直して富山湾に運ぶんだよ」

雪解け水で激流となった小鳥川を、筏師が竿一本で筏を操って、巨石を避けながら、激流の中を下って行きます。そして無事、宮川との合流地点、角川に着きました。「お父さん!冷や冷やしたけれど楽しかったわ。お父さん!筏流しで歌が出来たわ!」

   激流を  竿一本が  命綱

    迫る巨岩に  体震わせ

「お母さんは歌が上手いから与謝野晶子だね」「ではお父さんは与謝野鉄幹ね」「では鉄ちゃん!」「晶ちゃん!と呼ぼうか」「やっぱり、お父さんがいいわ、」そんな話をし、帰りの道中、清助さんの懐の中でお父さんと仲良く抱き合って寝ました。

f:id:swnm8:20200331170823j:image

ネットからいただきました。有難うございました。

 

鬼👹に金棒

今朝は、暗い新型コロナウイルスのニュースばかりの中で「鬼に金棒」の諺が閃きました。「鬼に金棒」とは辞典には次の様になっています。「確実である上に更に確実なることをいう。鬼が強い上に更に金棒を持つて居るという意味から来た」

こんな凄い事を企業経営で出来たら、発展間違いなしでしようが、中々そうとは問屋が降ろしません。しかし商品や技術力などでは、正に「鬼に金棒」と言われる企業もあります。この根底には、絶対的な自信と信頼関係が確立し、それを支える優秀な社員が居なければなりません。

企業活性化というコンサルの仕事も同様に、お客様から「あのコンサルに依頼すれば鬼に金棒」と言われる様なコンサルを目指して、日々お客様の活性化に取り組んでおります。

   鬼となり 仏と成りて 道開く

     人の心と  結ぶ絆が     

f:id:swnm8:20200331054439j:image

和倉温泉で撮りました。

 

窮地

今回の新型コロナウイルスは世界中を恐怖と「窮地」に陥れています。この様な経験は「 バブル崩壊リーマンショック そして今回の新型コロナウイルス」と3回目です。

今回の新型コロナウイルスバブル崩壊リーマンショックと違って、ウイルスという眼に見えない伝染病による、世界中を巻き込んだ恐怖と窮地です。この「窮地」をどう乗り切ることが出来るか?大変な闘いが行われています。

企業経営者にとって、この新型コロナウイルスは、経営環境を一変させる出来事になりました。どう経営を維持すべきか?従業員の生活をどう守るべきか?など、その心労は計り知れないものがあると思います。

この「窮地」を打破するには、他者依存では決して打破出来ません。経営者が中心になって、従業員が一致妥結し、知恵を出し合うことです。その知恵が窮地を脱する力となると同時に、時代が求める企業の形を作り上げる力となります。

この歌は父からの教えです。

   窮地とは 避けて通れぬ 道ならば

     死を覚悟して 挑む他なし

f:id:swnm8:20200330102506j:image

弘前公園で撮りました。

弥生雪⛄️

今朝の高山は雪が降っています。3月に降る雪ですので、湿ったベタ雪です。今日のお昼頃まで降るようです。

朝、テレビをつけますと、新型コロナウイルスのニュースばかりです。お陰様で高山や下呂など、飛騨地区全域で、感染者は出ておりませんので有難いことです。

この新型コロナウイルスが早く収まり、安心して暮らせる日々が来ることを願うばかりです。

   弥生雪  庭の木々には  花咲かせ

    コタツの中の  ぬくみ求めて

f:id:swnm8:20200329095422j:image

文化は先人の知恵

今回の新型コロナウイルスは世界中に蔓延し、東京オリンピックの延期ともに、世界経済を大きく停滞させるなどの影響が出ております。

この新型コロナウイルスの感染状況を国別に見ますと、先進国の中でも、日本は感染者数が大変低くなっております。一部の国からは「検査の数が少ないから、感染者が少なくなっている」との批判的な意見もあります。

しかし検査を拡大し、イタリアのように医療体制が崩壊し、重症患者を治療出来ないことから、死亡率が上がれば、検査拡大の意味がなくなります。

日本が新型コロナウイルス感染の、拡大を抑え込んでいるのは、次のような日本の文化が大きく影響していると考えます。

 1. マスクを着ける習慣がある
 2. 手を洗う習慣がある
 3. 公共交通機関で私語が少ない
などです。

この日本文化は、先人が長い年月を掛けて作り上げた知恵の結晶です。この文化が今回の新型コロナウイルス感染防止に役立つていることに感謝するばかりです。

  先人の  躾の教え  国救い 

   コロナの闇に  光与えて

f:id:swnm8:20200326130250j:image

歩行浴

高山市内に歩行浴が出来る温泉♨️があり、そこで歩行浴を始めました。深さは約1mで、1周約10mです。この歩行浴は、競走馬が脚の怪我をすると温泉で歩行浴をし、治療するのをテレビで見、私も競走馬と同じように、脚の骨折治療に役立つのではないか?と考えました。

この歩行浴を始めると、痛みは柔らぎ、次の日の朝は、脚が軽くなっている感じがします。もう一つ嬉しいことは、ふくらはぎと腿が鍛えられ、腹筋も鍛えられているように感じられることです。

この歩行浴は一回50周を目処に、続けて行きたいと思っています。又近いうちに室内温泉プールがある温泉♨️に行き、歩行浴で日々余り使わない、全身の筋肉を鍛えて来たいと思います。

筋トレをしても、その効果が出るまでには、3ヶ月以上続けなければなりません。まだ全身の本格的な筋トレを始めてから、1ヶ月半程しか経っていませんので、これからが勝負処です。

   歩行浴 脚を鍛えて 傷癒し

     黙々歩み 稜線瞼に

f:id:swnm8:20200324224524j:image

この白山に登りたいと筋トレに励んでいます。